乳腺外来|尼崎市南塚口の内藤クリニック| 胸のしこり 痛み 乳がん 検査 エコー 超音波

乳腺外来

乳腺外来について

当院の乳腺外来では、乳腺に関する全般的な診療をいたします。
乳房にしこりを触れる、乳房に痛みがある、乳房が張った感じがする、乳汁が出るなど、「おっぱい」に関して少しでも気になる症状があるような場合は、ひとりで悩んでおらずに、お気軽にご相談ください。

こんな症状はご相談ください(例)

  • ・乳房にしこりを触れる
  • ・わきの下にしこりを触れる
  • ・乳房が赤く腫れている
  • ・乳房が熱をもっている
  • ・乳房に痛みがある
  • ・乳房が張った感じがする
  • ・乳房の皮膚に凹みや引きつれがある
  • ・乳房にできた潰瘍が治らない
  • ・腕を上げると痛みが走る
  • ・腕を上げると乳房に引きつれ感が生じる
  • ・乳首から分泌液(赤・褐色)が出る
  • ・乳首にただれが見られる
  • ・乳がん検診を受けたい など

乳がん検診

当院の乳がん検診の方法には、視診・触診、超音波検査などがあります。以下、それぞれについてご説明いたします。

視診・触診

乳房全体を目で見て(視診)、あるいは手で触れること(触診)によって乳房の形、皮膚、乳頭などに何か異常は無いか、またしこりなどが出来ていないかを確認します。脇の下や鎖骨上のリンパ節についても調べます。
専門医なら、しこりの有無やその状態を触診することによって、「乳がんかどうか」がある程度は推察できます。
自分では見つけられないような小さなしこりが発見されることもありますので、30歳を過ぎたら、年に1回は定期的な検診(視診・触診)をお受けになるよう、お勧めいたします。

超音波検査

診察台の上に仰向けになり、乳房に超音波をあてて、乳房内部からの反射波(エコー)を画像化し、乳腺の状態を調べる検査です。乳腺は白く、がんは黒く描出されます。痛みは無く、体への負担はほとんどありません。数ミリの小さなしこりを見つけ、しこりの性状も詳しくわかる検査で、X線検査のような被爆が無いため、妊娠中の検査も安全に行えます。

乳腺外来で診療する代表的な疾患

乳腺炎

乳腺炎とは、文字通り乳腺(母乳をつくって分泌する器官)が炎症を起こしてしまった状態のことです。乳腺炎は産褥期(分娩後、体が妊娠前の状態に戻っていく時期)に起こりやすく、赤く腫れたり、熱が出たりすることがあります。膿が出て治りにくいケースもあるので、診察時には炎症の程度を観察し、抗生物質の投与や、穿刺(注射で膿を抜き取る)や切開などの外科的処置が必要かどうかを判断します。
乳汁の流れが悪くなり、マッサージや授乳後にもしこりが生じて疼痛が増し、熱が出るような場合は乳腺炎の可能性があるので、受診してください。

乳腺炎によくみられる症状

  • ・乳房が熱をもち、しこりができる
  • ・乳房が張って硬くなる
  • ・痛みが生じて赤く腫れる
  • ・腕を上げると胸の辺りが痛む
  • ・黄色っぽい乳汁が出る など

乳腺線維腺腫

乳腺線維腺腫は20~30代の女性に見られる良性腫瘍です。しこりに気づいたら、専門医の診察を受け、乳がんなどの悪性疾患でないかどうかを確認しておきましょう。乳腺線維腺腫との診断が確定していて大きな変化が無ければ、手術をせずに定期的な診察で経過を観察します。しかし、急速に大きくなったり3cmを超えたりする場合、また患者さんに摘出の希望があるような場合には、手術をすることもあります。

乳腺線維腺腫によくみられる症状

  • ・境界の明瞭なしこりが触れる
  • ・しこりの大きさは1~2cmくらい
  • ・しこりは弾力があり、ころころと動く
  • ・痛みを伴わない など

乳腺症

女性ホルモンのバランスが崩れたことによって乳腺に生じる腫れや張り、乳腺の痛みや灼熱感などを総称して乳腺症と呼びます。30~50歳くらいの女性によく見られ、視・触診などの検査で腫瘤(こぶ)やしこりを認めた場合には、乳がんが隠れていないかを精査する必要があります。しかし乳腺炎や乳がんのような、明らかな疾患とは別物と考えてよいでしょう。通常、治療の必要は無いのですが、痛みが強いような場合にはホルモンブロック剤による治療をします。

乳腺症によくみられる症状

  • ・乳房の張った感じや圧痛が生じる
  • ・境界の明瞭でないしこりを触れる
  • ・症状が月経周期に応じて変化する など

乳がん

乳がんとは、乳管など乳腺組織に発生したがんのことです。乳腺組織の一部の細胞の遺伝子が、様々な要因を積み重ねて変異し、がん細胞となって増殖したものとされています。乳がんのほとんどは、小葉を出てすぐの乳管(乳汁の通り道)の壁の細胞が異常増殖するという形で発生してきます。これが乳管がんです。乳がんには小葉(乳汁をつくる組織)から発生するものも5~10%あり、これは小葉がんと呼ばれています。
乳がんは5mm~1cmぐらいの大きさになると、自分でも触って探すことができます。したがって、早期発見のためには自分で気づくことが大切です。ただ、乳がんのしこりは必ずしも硬いものだけとは限りませんし、痛みの有無や程度も様々です。自己検診は重要ですが、自己判断を過信するのはよくありません。また、しこりのほとんどは病的なものではなく、病的であってもがんではないものが大半です。しこりが見つかってもパニックを起こしたりせず、とにかく乳腺外来を受診してください。

乳がんによくみられる症状

  • ・乳房にしこりがある
  • ・乳房にえくぼのような引きつれができた
  • ・乳頭から血液のような分泌物が出た
  • ・乳頭や乳輪に湿疹やただれが生じた
  • ・腕を挙げると、乳腺が引きつれる感じがする など