自費診療|尼崎市南塚口の内藤クリニック| プラセンタ ラエンネック ポーサインAGA 薄毛

自費診療

プラセンタ

「プラセンタ」とは“胎盤”のことです。胎児を保護し、健やかに成長させるために妊娠中につくられる生命の源とも言える臓器であり、出産と同時にその役目を終えて体外に排出されます。
そのためプラセンタには、受精卵1個をたったの10ヶ月程度で平均3kgにまで育て上げるのに必要な栄養素(ヒアルロン酸、コラーゲン、各種必須アミノ酸、たんぱく質)と成長因子(胎児が子宮の中で驚異的とも言える成長を遂げるために必要とされる成分)が含まれています。

多くの女性の治療に取り入れられている

そんなプラセンタから抽出したエキス(これを一般に「プラセンタ」と呼んでいます)は、体内状況を調整する作用をもち、組織を本来あるべき状態に修復・再生しようとする大きな力を発揮します。
もともとは肝機能改善薬として認可されたプラセンタですが、アンチエイジング(老化防止)に役立ち、若返り効果や美肌作用があり、また更年期障害を緩和する作用もあるため、多くの女性の治療に取り入れられています。
当クリニックでは、「ラエンネック(注射)」「ポーサイン(飲み薬)」を取り扱っています。ご希望の方には、最適な用法・用量を慎重に検討した上で投与いたしますので、ご相談ください。

プラセンタの主な効能

  • ・自律神経の働きを整える
  • ・ホルモンバランスを調整する
  • ・組織を修復する
  • ・免疫力を高める
  • ・抗アレルギー作用
  • ・抗炎症作用
  • ・代謝を良くし、臓器や細胞の働きを活性化する
  • ・妊婦の乳汁分泌を促進する
  • ・肝機能を高める
  • ・活性酸素を除去する など

AGA(薄毛)

男性の薄毛は、「男性型脱毛症」(AGA:androgenetic alopecia)、通称「薄毛症」と呼ばれ、思春期以降に始まって徐々に進行する、男性では最もよく見られる脱毛症です。前頭部と頭頂部の毛髪が軟毛化して細く短くなり、最終的には頭の生え際が後退し、頭頂部の毛髪が失われることが特徴で、日本の成人男性の4人に1人くらいが薄毛症と言われます。薄毛症は、遺伝や男性ホルモンによる発毛サイクルの乱れなどが主な原因と考えられています。

放置すれば進行する

薄毛症は進行性の脱毛症であり、何もせずに放っておくと、毛髪の数は次第に減っていきますので、早めのケアが大切です。

治療薬について

当院では、「プロペシア」や新薬「ザガーロ」を使用し、薄毛症の治療を行います。

プロペシア(フィナステリド)
プロペシアは、その含有成分である「フィナステリド」が、脱毛作用の強い男性ホルモンとして知られるDHT(ジヒドロテストステロン)を生成する還元酵素2型5αリダクターゼの働きを抑制して発毛を促進し、毛根を深く、髪を太くしてくれます。プロペシアは、AGA治療を行っている医療機関だけで入手可能な医薬品です。
ザガーロ(デュタステリド)
ザガーロとは、グラクソ・スミスクライン(GSK)社が製造販売する「デュタステリド」配合のAGA治療薬です。1日1回の服用で、食事の影響は受けません。AGAに効果が大きいとされていたフィナステリド(プロペシア)と同系統の薬ですが、その発毛効果はフィナステリドの約1.6倍と言われており、薄毛に悩む日本人の期待を集めています。プロペシアで効果が実感できなかった方も、ザガーロに切り替えることで発毛する可能性があります。

毛髪の悩みのいろいろ

  • ・家族に髪の薄い人がいて、自分も薄くなるのではないかと心配だ。
  • ・抜け毛が気になる。
  • ・10代後半から毛髪が抜け始め、髪が薄くなってきた。
  • ・額(ひたい)の生え際が後退してきた。
  • ・頭頂部の髪の毛が薄くなってきた。
  • ・細くて短い髪の毛が多くなり、髪のハリやコシが無くなった。